ファッション

5年で売上高2.5倍、スノーピークの快進撃を読み解く 第3回・キャンプギアを職場に持ち込む?意外なきっかけで始まったコンサル事業

有料会員限定記事

 新潟・燕三条にアウトドア企業スノーピークは、2021年12月期の売上高が過去最高の257億円を記録し、コロナに見舞われながらも05年から16期連続の増収を達成した。5年で売上高2.5倍という勢いだ。この連載では、キーパーソンへのインタビューやステークホルダーの声から、同社が短期間で飛躍してきたヒントを探る。

 第3回は、2016年にスタートしたtoBのコンサル事業“ビジネスソリューションズ”について。在庫管理システムの導入サポートといったITコンサルのほかに、キャンプギアを使ったオフィス空間の演出と、キャンプとビジネスを掛け合わせた研修プランというスノーピークらしいビジネスを行い、21年12月期の売上高は事業全体で9億円、キャンプギアとアパレルに次ぐ3番目の事業だ。同事業のマーケティングを統括する藤本洋介氏に、事業スタートの意外なきっかけと、プラン開発のポイントを聞く。最後には、キャンピングオフィスを導入する企業事例も紹介する。

 「日本で年に1回以上キャンプする人口は全体の7%。残り93%の非キャンパーに対して、“働”の視点で野遊びの価値を伝えるのがわれわれの役目だ」。スノーピークビジネスソリューションズの藤本洋介取締役マーケティング戦略室室長はそう語る。同氏は“ビジネスソリューションズ”事業に立ち上げから携わってきた人物。「われわれの研修は、提携する宿泊施設の敷地にテントを張り、たき火を囲んでコミュニケーションをとって、夜は施設で宿泊してもらうのがベーシックなプラン。キックオフミーティングや新入社員研修などに活用される例が多い」。場所によって変動するが、料金は1泊で1人4万円〜、日帰りで1万5000円〜だ。コロナでコミュニケーションの場が失われていることもあり、研修は累計約300件で、昨年だけで約100件実施した。

 オフィス開発は、「仕事だけどキャンプに来ているようなワクワク感を抱けるほか、通常のオフィス什器と比べて価格を抑えられるのも利点」で、これまでに約550件を手掛けてきた。リモートワークが進む一方、生産現場などは出社が必須の企業も多く、「それらの企業で働き方改革が進み、オフィス開発のニーズも高まっている」という。

この続きを読むには…
残り1605⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら