ビューティ

資生堂やユニ・チャームなど4社が連携 輸送効率改善とプラスチック削減加速

有料会員限定記事

 資生堂ジャパンとファイントゥデイ資生堂、ユニ・チャームライオンの4社は、2016年から製品の陳列や店頭メンテナンス機能の強化などで協業している。19年から販促物を共同で配送することで輸送効率を改善し、「物流環境負荷の低減」「小売店の業務負荷低減」に取り組む。(この記事はWWDジャパン2022年5月30日号からの抜粋です)

 輸送効率の改善についてファイントゥデイ資生堂は20年度の販促物物流費を前年比20%以上削減できたという。共同で配送するためには販促物の制作のタイミングを合わせる必要がありそうだが、実際には「各社毎月販促物の入庫は発生するが、重要なのは出荷のタイミングを合わせて、店舗への共同配送を実現すること」(ファイントゥデイ資生堂広報担当)と語る。現在は、販促物の数量構成比の高い小売り企業ごとの店着日を各社で共有し、可能な限りそこに合わせるオペレーションを行い、同梱率の向上を図る。さらに「同梱された段ボールのサイズができる限り小さくなるよう、一つ一つの販促物のサイズや梱包についても小さくし、段ボールではなくポリ袋など簡易なものを使用するなど工夫している」。

 「小売店の業務負荷低減」については、共同配送により1店舗における荷受作業の簡素化、保管スペースの削減、各社協業の店舗ラウンダーによる販促物の一斉設置などを実現する。販促物の物流面だけでなく、店舗ラウンダーについても各社で共通の担当者が訪店し、小売店の業務負荷低減につなげている。実際に店頭作業を委託している企業から販促物を探しやすくなり作業効率が改善したという声が多く上がっている。

この続きを読むには…
残り476⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。