ビューティ

中国・独身の日の“口コミ”からブランドの動きをチェック 「資生堂や花王は大健闘」

有料会員限定記事

 中国の調査会社、艾媒諮詢(iiMedia Research)によると、中国の化粧品市場は今年4781億元(約8兆5110億円)規模に達するという。市場拡大の中で参入企業も増えており、新しい売り場やプロモーションが登場する中、美容ブランドの戦いも少しずつ変化している。その一端が垣間見れるのが、年間最大の商戦である独身の日セール(W11)だ。

 今年の独身の日商戦は“静かなセール”と言われた。例年であればセールを盛り上げるさまざまな仕掛けが行われ、終了後には売り上げ速報が大々的に報じられてきた。しかし今年は商戦前に、中国当局が「理性的な消費をするように」と通達。お祭り騒ぎを“自粛”するムードが漂った。

 中国への越境ECの支援やマーケティング事業を行うトレンドエクスプレスの濱野智成代表は、「独身の日のセール期間(10月20日~11月19日)、ウェイボー(Weibo)における投稿件数は前年比で半分以下に減少した。中国当局から通達が出たことで、プラットフォームもユーザーも例年のように消費を煽るキャンペーン投稿などを行わず、控えめな対応に終始した結果だ」と振り返る。

この続きを読むには…
残り1224⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。