ビジネス

アリババの「独身の日」セール、今年はGMV9兆円超え

 アリババグループは11月1〜11日、今年で13回目となる天猫ダブルイレブン・ショッピングフェスティバル(以下、「天猫ダブルイレブン」)を開催し、流通総額(GMV)は5403億元(約9兆6173億円)を達成した。過去最大となる29万ブランドが参加し、そのうち65%を中小企業や工業地帯にある製品メーカー、新ブランドが占めた。また商品を購入した消費者の45%以上が1990年以降および 2000年以降生まれで、後者の割合は25%増えた。

 中国国外から2万9000 以上のブランドが参加し、越境EC「天猫国際(Tモール・グローバル)」で130 万以上の新商品を発売。さらに1600以上のブランドがTモールにおける新規会員獲得キャンペーンに参加し、9700 万人以上の新規会員獲得につながったという。

 日本ブランドにおいては、「シセイドウ(SHISEIDO)」や「クレ・ド・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE)」「シュウ ウエムラ(SHU UEMURA)」などの売り上げが11月1日の第1弾販売の開始から半日間で、昨年開催の「天猫ダブルイレブン」の20日間の記録を上回った。また「天猫国際」が運営する海外直送サービス「Tモール海外フルフィルメント」の日本の倉庫で9月に備蓄された商品数は、前年同期比で10倍以上増加。一方アリババ傘下の物流プラットフォーム「菜鳥(ツァイニャオ)」が展開する中国保税倉庫の日本ブランド全体の在庫数も、9〜10月は前年同期比で286%増加した。

 また今年は2000以上のマーチャント(出店者)が環境に配慮したエコ商品を展示するTモール内の特設売り場「グリーン会場」に参加し、約50万点のエコ商品を提供した。加えて同グループはフェスティバル開催に先駆け全システムおよびオペレーションをパブリッククラウドに完全に移行。eコマースビジネスを支える河北省張北県にあるアリババクラウドのデータセンターでは、再生可能エネルギーの利用により、2万6000トン以上の二酸化炭素排出を削減した。楊光アリババグループ バイス・プレジデントは「今年はダイナミックな中国の消費経済を反映して、安定した質の高い成長を実現した。また、プラットフォームとしての力を社会的責任を果たすために活用した。今年のフェスティバルは、持続可能な未来の構築に向けた当社の取り組みの一環として、意義深い節目となった」とコメント。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら