ファッション

メルカリが中国で越境販売 アリババと業務提携

 フリマアプリの「メルカリ(MERCARI)」は、越境EC支援サービスのビーノス(BEENOS)と協業し、中国最大手ECのアリババグループのECサイト「タオバオ(淘宝)」とフリマアプリ「シェンユー(閑魚)」との業務提携を締結した。「シェンユー」が日本企業と連携するのは今回が初めて。

 ビーノスは、「メルカリ」の一部の商品を「タオバオ」や「シェンユー」に流通させることで、同社が掲げるグローバルプラットフォームをさらに強化し、国境を越えた新しい市場の創造を目指す。システム開発、代理購入、海外発送、お問合せ対応などのサポートも全て行う。中国では、日本人の物を大切に扱うというイメージから商品への信頼性が高く、アニメ関連のフィギュアやカードなどが人気を集めている。

 メルカリは2019年11月に、ビーノスの完全子会社が運営する越境ECサポートの代理購入サービス「バイイー(BUYEE)」との連携を開始し、100カ国以上からの商品購入が可能となった。20年8月にはアジア圏での販売強化のため、「ショッピー タイワン(蝦皮購物)」への出店サポートも開始するなど、積極的に販路拡大を行う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。