ファッション

「ユニクロ」、ビームスなどが異口同音に「デニムが売れている!」宣言

有料会員限定記事

 リモートワークが恒常化する中で、「WWDジャパン」のデニム担当記者でさえジーンズをはかなくなり、“デニムは瀕死状態にある”と仮説を立てた。年に一度のデニム特集でも、ここ数年は「デニムは売れていない」と伝えてきた。しかし今回、大手SPAを代表して「ユニクロ」、小売りを代表してビームス、古着店を代表してベルベルジン、メーカーを代表して「リーバイス」に話を聞くと、4社は異口同音に「デニムが売れている!」と答えた。その理由と、実際に動いているアイテムについてまとめた。(この記事はWWDジャパン2021年3月22日号からの抜粋です)

 まず話を聞いたのは、SPA大手の「ユニクロ」だ。菊地健太郎グローバル商品本部 R&D部 部長は「好調さが戻ってきている」と話す。コロナ禍で一時はジャージーライクなジーンズやスエット、ウィメンズはレギンスなどが良かったが、「ウィズコロナの生活が根付いてから、具体的には昨年末ごろから“ジーンズらしいジーンズ”というのか、メンズでは綿100%のセルビッジジーンズの売れ行きが復調傾向にある。もちろん“ウルトラストレッチジーンズ”に代表されるコンフォート系は男女共に堅調で、二極化してきている」という。

 今後の打ち出しとしては、東レと共同開発した合繊100%の新素材を使った“テックデニムジーンズ”を挙げた。デニムの面構えながら軽量で、「清潔な服が求められる時代に、洗濯してもすぐ乾く点も魅力だ。しかも素材と染料の特性により綿に比べて移染しづらく、おうち時間が増えた今、家着としても最適。合繊ゆえ肌当たりに冷感もあり、気温・湿度が上がっても快適にはいてもらえるだろう。実際、日本より暖かいASEAN諸国ではすでに良いリアクションが出ている」という。

“バック トゥ ベーシック”でブルージーンズが売れている

この続きを読むには…
残り2032⽂字, 画像9枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら