ファッション

「ユニクロ」、ビームスなどが異口同音に「デニムが売れている!」宣言

有料会員限定記事

 リモートワークが恒常化する中で、「WWDジャパン」のデニム担当記者でさえジーンズをはかなくなり、“デニムは瀕死状態にある”と仮説を立てた。年に一度のデニム特集でも、ここ数年は「デニムは売れていない」と伝えてきた。しかし今回、大手SPAを代表して「ユニクロ」、小売りを代表してビームス、古着店を代表してベルベルジン、メーカーを代表して「リーバイス」に話を聞くと、4社は異口同音に「デニムが売れている!」と答えた。その理由と、実際に動いているアイテムについてまとめた。(この記事はWWDジャパン2021年3月22日号からの抜粋です)

 まず話を聞いたのは、SPA大手の「ユニクロ」だ。菊地健太郎グローバル商品本部 R&D部 部長は「好調さが戻ってきている」と話す。コロナ禍で一時はジャージーライクなジーンズやスエット、ウィメンズはレギンスなどが良かったが、「ウィズコロナの生活が根付いてから、具体的には昨年末ごろから“ジーンズらしいジーンズ”というのか、メンズでは綿100%のセルビッジジーンズの売れ行きが復調傾向にある。もちろん“ウルトラストレッチジーンズ”に代表されるコンフォート系は男女共に堅調で、二極化してきている」という。

 今後の打ち出しとしては、東レと共同開発した合繊100%の新素材を使った“テックデニムジーンズ”を挙げた。デニムの面構えながら軽量で、「清潔な服が求められる時代に、洗濯してもすぐ乾く点も魅力だ。しかも素材と染料の特性により綿に比べて移染しづらく、おうち時間が増えた今、家着としても最適。合繊ゆえ肌当たりに冷感もあり、気温・湿度が上がっても快適にはいてもらえるだろう。実際、日本より暖かいASEAN諸国ではすでに良いリアクションが出ている」という。

“バック トゥ ベーシック”でブルージーンズが売れている

この続きを読むには…
残り2032⽂字, 画像9枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。