ファッション

“リーバイス レッド”が7年ぶりに本格始動 キャンペーンではパフュームが着用

 「リーバイス(LEVI'S)」は、プレミアムラインと位置付ける“リーバイス レッド(LEVI'S RED)”を7年ぶりに本格復活させ、中国や韓国など東アジア圏で発売する。ラインアップはウィメンズ27 型、メンズ39 型、小物3型で、日本では公式オンラインストアで1月25日から予約を受け付け、29日から全国のリーバイス ストアなどで店頭販売する。プレス担当者は「全デニムアイテムには、コットナイズドヘンプやテンセルなどサステナブルな生地を採用する」と説明する。

 キャンペーンにはパフューム(Perfume)を起用し、20日に動画を公開した。ロックバンドのボアダムス(BOREDOMS)やオー・オー・アイ・オー・オー(OOIOO)のメンバーでもあるヨシミ(YoshimiO)の楽曲に合わせて、新作の“リーバイス レッド”を着用したパフュームが踊る様子が収められている。

 “リーバイス レッド”は1999年に登場。「リーバイス」のアイコンである5ポケットジーンズを“再解釈して未来のデニムを創造する”というコンセプトの下、当時プレミアムカテゴリーのヘッドデザイナーだったリッキー・コフ(Rikke Korff)がチームを率いて製作にあたった。立体裁断を採用したジーンズは一大ブームとなった。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら