ファッション

“リーバイス レッド”が7年ぶりに本格始動 キャンペーンではパフュームが着用

 「リーバイス(LEVI'S)」は、プレミアムラインと位置付ける“リーバイス レッド(LEVI'S RED)”を7年ぶりに本格復活させ、中国や韓国など東アジア圏で発売する。ラインアップはウィメンズ27 型、メンズ39 型、小物3型で、日本では公式オンラインストアで1月25日から予約を受け付け、29日から全国のリーバイス ストアなどで店頭販売する。プレス担当者は「全デニムアイテムには、コットナイズドヘンプやテンセルなどサステナブルな生地を採用する」と説明する。

 キャンペーンにはパフューム(Perfume)を起用し、20日に動画を公開した。ロックバンドのボアダムス(BOREDOMS)やオー・オー・アイ・オー・オー(OOIOO)のメンバーでもあるヨシミ(YoshimiO)の楽曲に合わせて、新作の“リーバイス レッド”を着用したパフュームが踊る様子が収められている。

 “リーバイス レッド”は1999年に登場。「リーバイス」のアイコンである5ポケットジーンズを“再解釈して未来のデニムを創造する”というコンセプトの下、当時プレミアムカテゴリーのヘッドデザイナーだったリッキー・コフ(Rikke Korff)がチームを率いて製作にあたった。立体裁断を採用したジーンズは一大ブームとなった。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら