ファッション

「リーバイス」が初のレンタルデニム アップサイクルの考えに基づき北欧ブランドと協業

 「リーバイス(LEVI'S)」とデンマーク発のファッションブランド「ガニー(GANNI)」が協業して、レンタルのみで扱うデニムコレクションを発表した。“ラブレター(Love Letter)”と題し、不要な製品などをより価値の高いものへと変えるアップサイクルの考え方に基づいて製作。アイテムは「リーバイス」のビンテージデニムや再利用デニムを使用したボタンダウンシャツと“501”ジーンズ、シャツ型ワンピースの3種類をそろえる。デザインは、「リーバイス」デニムの耐久性や伝統的要素を生かしつつ、パッチワークやボリュームのある袖などで「ガンニ」らしい遊び心あふれる北欧の雰囲気を表現。取り外し可能な襟を加えたり、調整可能なウエストを採用したりして仕上げた。サイズ展開はシャツとワンピースがXS〜XLで、ジーンズが24W/29L〜32W/29Lだ。

 同コラボレーションは両ブランドにとって初めての、レンタルのみで取り扱うコレクションになる。アイテムは「ガニー」のレンタルに特化したウェブサイト「ガンニ リピート(Ganni Repeat)」からオーダー可能で、料金は45〜145ドル(約5000〜1万5000円)。発送はこれまでデンマーク国内のみだったものをアメリカとヨーロッパに拡大した。レンタル期間は1、2、3週間から選べて、今後はコレクションの全アイテムをレンタルできるようにしていくという。

 また、アイテムにはレンタル履歴などについての情報が入力されたタグが付けられる。利用者は借りた際にスマートフォンから過去の情報を見ることができるほか、自身の体験を書き込んだり、ブランドが制作したコンテンツを見たりすることができる。「ガニー」のディッテ・レフストラップ(Ditte Reffstrup)=クリエイティブ・ディレクターは、「デニムのよさは時間がたつほど出てくる。このパートナーシップは、素晴らしいデニムへの愛を共有して受け継いでいくことを大切にしている」と述べた。

 さらに衛生管理も徹底しており、洗浄した後再度レンタルされるまで72時間を空ける。洗浄工程も環境に配慮し、北欧諸国公認のサステナブル認証である「ノルディックスワン(Nordic Swan)」の水準を満たした方法を採用する。また配送には1回の使用で二酸化炭素排出量を最大80%削減する「リパック(RePack)」のリサイクル可能なリユースバッグを使用する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら