ファッション

アップサイクルブランドが完全アポイント制の直営店をオープン

 アップサイクルブランドの「マリオン ヴィンテージ(MALION VINTAGE)」は、直営店「ムール(Mour)」を東京・渋谷に開いた。閑静な住宅街にある中古一戸建てのワンフロアを店舗、上階をアトリエに改装。面積20平方メートルの店内は、アールヌーヴォー風の装飾や特注什器、ビンテージのカーペット、観葉植物を配置している。「マリオン ヴィンテージ」の新作コレクションをフルラインアップで見せる他、同店限定のアイテム、デザイナーの石田栄莉子と清水亜樹がアメリカで買い付けてきた古着やアクセサリーなどを販売している。住所は非公表で、来店は完全アポイント制。電話やメール、「ムール」の公式インスタグラム( @___mour___)のダイレクトメッセージでアポイントを取ることができる。接客はデザイナーの2人が行う。「ムール」の屋号は仏語で魅力を意味する“グラムール”と、英語で月の“ムーン”を掛け合わせた造語だ。

 「マリオン ヴィンテージ」は古着リメイクでコレクションを発表するアップサイクルブランド。昨年営業を終了したセレクトショップ、シェル(Cher)の企画担当だった石田と店長兼バイヤーを務めていた清水が立ち上げた。ビンテージのデニムやシーツ、ネクタイなどを解体して、全く異なる日常着や雑貨へと作り変えている。使用する生地や柄はアソートで、商品は全て一点モノ。16年12月にシェル内でスタートし、事業のクローズとともに独立した。現在の卸先は伊勢丹新宿本店など9店。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。