ファッション

「キディル」「ダイリク」「マラミュート」などが受賞 「東京ファッションアワード 2022」は過去最高の応募数

東京都と日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)が共催するファッションコンペ「東京ファッションアワード 2022(TOKYO FASHION AWARD 2022)」の第7回受賞者が9月4日、「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、RFWT)」のメーン会場の渋谷ヒカリエで発表された。

今年は「シュガーヒル(SUGARHILL)」「ダイリク(DAIRIKU)」「キディル(KIDILL)」「ヨーク(YOKE)」「マリオン ヴィンテージ(MALION VINTAGE)」「ピリングス(PILLINGS)」「ハルノブムラタ(HARUNOBUMURATA)」「マラミュート(MALAMUTE)」が受賞。

これまで、パリ・メンズ・ファッション・ウイーク期間中のサポートを主にしてきたが、今回からはウィメンズ・ウイーク期間中の支援も開始。サポートも6ブランドから、ウィメンズ4ブランド、メンズ4ブランドの8組に拡大し、応募数は過去最高だった。昨年はコロナ禍で支援ブランドの選出を見送ったため、同アワードも2年ぶりの開催となった。

受賞者は22年1月、2月、6月、9月にパリのファッション・ウイーク期間中にショールームでの展示会開催の支援を受ける。また3月には22-23年秋冬シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、RFWT)」で凱旋イベントを行う。

審査を行ったユナイテッドアローズ&サンズ(UNITED ARROWS & SONS )の増田晋作バイヤーは、「モノのクオリティーのよさは大前提。加えて国際的な活躍が見込めるブランドであり、ブランドのメッセージの届け方や最終的なゴールなどを聞いて多角的に選考した。こんな時代だからこそ、誰かに“無くなっては困る”と思われるようなブランドになっていってほしい」とコメント。

「シュガーヒル」の林陸也は、「昨夜、受賞が決まったことを知ったばかり。コレクションの制作に関わってくださっている各背景の方に感謝を伝えたい。アワードは通過点として、この支援を最大限に活用していきたい。駆け足で1月に向けていいモノを作っていきます。押忍!」と話した。

受賞者は以下の通り
メンズ
林陸也/「シュガーヒル(SUGARHILL)」
岡本大陸/「ダイリク(DAIRIKU)」
末安弘明/「キディル(KIDILL)」
寺田典夫/「ヨーク(YOKE)」

ウィメンズ
石田栄莉子&清水亜樹/「マリオン ヴィンテージ(MALION VINTAGE)」
村上亮太/「ピリングス(PILLINGS)」
村田晴信/「ハルノブムラタ(HARUNOBUMURATA)」
小髙真理/「マラミュート(MALAMUTE)」

審査員は以下の通り

サラ・アンデルマン(Sarah Andelman)/「JUST AN IDEA」創設者
ニック・ウースター(Nick Wooster)/ウースター コンサルティング(WOOSTER CONSULTING)クリエイティブ・ディレクター
宮本智美/阪急阪神百貨店 ファッションマーケティング部 メンズファッションディレクション部ディレクター 兼 ファッションMD開発促進 バイヤー
山外拓海 /阪急阪神百貨店 阪急うめだ本店 モードファッション販売部 D-LAB バイヤー
石田修平/三越伊勢丹 クロージング&アクセサリーIIグループ 新宿紳士営業部 ブランドショップ担当クロージング スーパーバイザー
﨑谷由衣/三越伊勢丹 伊勢丹新宿店 クロスMD営業部 TOKYOクローゼット バイヤー
中根大樹/TOKYO BASE メンズバイヤー
澤之井頌子/TOKYO BASE ウィメンズバイヤー
増田晋作/ユナイテッドアローズ 第一事業本部 メンズ商品部 商品1課 UNITED ARROWS & SONS バイヤー
浅子智美/ユナイテッドアローズ 第一事業本部 ウィメンズ商品部 商品1課 UNITED ARROWS バイヤー

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら