ファッション

「チノ」やヨウジ出身「アーネイ」などを選出 「東京ファッションアワード」受賞デザイナー発表

 東京都と繊維ファッション産業協議会、ファッション・ウィーク推進機構が共催する「東京ファッションアワード 2019(TOKYO FASHION AWARD 2019)」の受賞デザイナーが10月20日、「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO以下、AFWT)」メーン会場の渋谷ヒカリエで発表された。2014年春夏シーズンに始動した「チノ(CINOH)」や「ジエダ(JIEDA)」「レインメーカー(RAINMAKER)」の実力派から、19年春夏にデビューする「アーネイ(ANEI)」や「ノブユキ マツイ(NOBUYUKI MATSUI)」「ポステレガント(POSTELEGANT)」といった新人まで、6ブランドのデザイナーが選出された。

 受賞ブランドは19-20年秋冬シーズンにイタリア・フィレンツェで行われるメンズ合同展示会ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO)への出展や、2シーズン続けてパリ・メンズ・ファッション・ウイーク期間中に現地で合同展示会を開催する。また来シーズンには東京ファッション・ウイークでランウエイショーやインスタレーションを行う。

 茅野誉之「チノ」デザイナーは「今までニューヨークで展示会を行ってきたが、ショールームとの契約が切れるタイミングだったので応募した。応募後には周囲から『受賞するから大丈夫』と言われていたので、正直ホッとしている。ウィメンズと、18年春夏に立ち上げたメンズの両方をパリに持っていきたい」とコメント。

 デビューシーズンでの受賞となった羽石裕「アーネイ」デザイナーは「立ち上げのシーズンだったが、先輩方の後押しもあって応募した。素直に服を評価してもらえてありがたい。20年までに海外での発表を目標にしていたので、すぐにこのような機会をいただけて光栄。1月にサンプルを仕上げるために、急ピッチで頑張りたい」と語る。

 同アワードは2015年に設立後、これまで「ファセッタズム(FACETASM)」「ジョン ローレンス サリバン(JOHN LAWRENCE SULLIVAN)」「サルバム(SULVAM)」「ダブレット(DOUBLET)」など24ブランドが受賞してきた。審査員は国内の現役バイヤーで、海外審査員はニック・ウースター(Nick Wooster)=ウースター コンサルティング(WOOSTER CONSULTING)クリエイティブ・ディレクターらが務める。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。