ニュース

ヨウジ出身の33歳が立ち上げた新ユニセックスブランド「アーネイ」

 「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」や「Y-3」「ビズビム(VISVIM)」でパタンナーや企画として経験を積んだ33歳の羽石裕は、2019年春夏シーズンからユニセックスブランド「アーネイ(ANEI)」を立ち上げる。ブランド名は自身の名前“はねいし”の響きに由来しているという。

 デビューコレクションは30型で、すべてユニセックスの2サイズ展開。“ハイブリッド”をテーマにし、化繊と天然繊維を融合して素材に奥行きを加え、素材感を強調する。素材ブランド「麻世妙(まよたえ)」の上質なリネンシルクシャツ(5万2000円)は、カジュアルとエレガンス、そしてほんの少しのモードが同居する。他にもリネンとビスコースレーヨンのそれぞれの表情を生かすデザインに仕立てたリバーシブルのコート(6万3000円)など、素材感を生かすためにあえてプリントや柄は使わずミニマルに徹している。「デビューシーズンなので、『アーネイ』はこういう素材の使い方やテクニックができるということをアピールしたかった。その分、デザインはあえて控えめにしている。今後はもっと自分の色を出していきたい」と羽石デザイナー。

 価格帯はコート6万8000〜12万円、ジャケット4万8000〜6万6000円、シャツ2万6000〜5万2000円、パンツ2万6000〜4万8000円、カットソー1万1000〜1万8000円など。20年までに海外進出も視野に入れており、それを考慮した価格設定だという。