ビューティ

「クラランス」が新アイケア発売 オンライン発表会にはアバターも登場

 「クラランス(CLARINS)」は9月4日に発売する、新たな目元クリーム「トータル アイ インテンス」(15g、9900円)のプレス発表会をオンラインで開催した。“60秒でハリ感を実感する”をコンセプトに、マスク生活で特に視線が集まる目元にアプローチ。たるみやむくみをケアし、引き締まった印象へと導くアイテムだ。

 「クラランス」にはエイジングケアを目的とした目元美容液や人気の「グラン アイ セラム」などがあるが、新作はスマートフォンやオンライン会議などによる目の酷使、ストレス、睡眠不足など現代の女性を取り巻く環境がアイゾーンに影響を与えていることを踏まえて開発したという。植物の恵みと先進テクノロジーを融合させ、スイートアカシアワックスを配合したクリームが肌にスピーディーになじんで皮膜を形成し、ハリ感を演出。ハルンガナエキスが潤いを与え、引き締まった目元を演出する。

 容器には内容液を外部の空気に触れさせることなく最後の1滴まで使い切ることができるエアレスボトルをブランドで初めて採用。高級感のあるガラスボトルはリサイクルガラスを25%使用するなど、環境にも配慮している。

 オンラインで行われた発表会もユニークだった。参加者には事前にダイヤル式のキャッシュボックスが送られた。発表会内でボックスを開く暗証番号を伝えるという演出で、新製品の説明は三宅由佳クラランス マーケティング部PRのアバターが進行するなど、リアルとデジタルを融合させた取り組みが話題を呼んだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら