ビジネス

「クラランス」の引き締め美容液がリニューアル 平成小顔ブームの立役者が成分強化&製品名変更

 「クラランス(CLARINS)」はロングセラー美容液「トータル Vセラム」をリニューアルし、「V コントア セラム」(50g、9100円)の製品名で6月7日に発売する。従来の脂肪とむくみへのアプローチに加え、新たに“抗重力”の肌ネットワークに着目し、新たな知見をもとにした最新成分とテクノロジーで、よりすっきりとしたフェイスラインをかなえる。

 「クラランス」の引き締め美容液は1998年に「リフトマンスール ヴィザージュ」の名で発売。製品発表会に登壇したオリビエ・クルタン=クラランス(Olivier Courtin-Clarins)「クラランス」グループ会長は、「当時、日本のメディアをフランスに招き、私の父のジャック・クルタン=クラランス(Jacques Courtin-Clarins)創業者が日本人女性の望みを聞いたところ、小顔になりたいという答えが返ってきた。その翌日から、製品作りに取り組んだ」と振り返った。当時の日本は安室奈美恵をきっかけに小顔ブームが起こっていた。

 発売後は日本をはじめアジア各国で人気となり、小顔、スリミングブームの火付け役のひとつになった。その後、製品は2005年、10年、14年にリニューアルしており、今回の新製品は5代目となる。

 “重力に抗う肌状態”に大きく寄与している18型コラーゲンが、紫外線や大気汚染などの環境的要因によって減少することが同社研究により確認されたことから、新製品には新たに18型コラーゲンの生成を促進しつつ、脂肪の蓄積抑制にアプローチするシバムギエキスや、肌の引き締めが期待できるカラスムギなどの植物成分を配合する。

[related post="824808" title=「クラランス」からミレニアル世代向け新スキンケアライン"]

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら