ビジネス

ヘイリー・ビーバーが夫のジャスティンの姓を冠したビューティブランド立ち上げか

 昨年ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)と結婚したモデルのヘイリー・ビーバー(Hailey Bieber、旧姓ヘイリー・ボールドウィン、Hailey Baldwin)が、夫の姓を冠したビューティブランド「ビーバー ビューティ(BIEBER BEAUTY)」を立ち上げるようだ。

 アメリカ合衆国特許商標庁によれば、ヘイリーは4月10日に「ビューティおよびコスメ」という端的な説明で会社の商標登録を申請している。

 ヘイリーは昨年10月10日にもヘイリー・ビーバーとヘイリー・ボールドウィンの名の商標登録を申請しており、こちらはシューズやボディースーツ、ビーチウエア、テーラードジャケット、シャツ、キャミソールなどのアパレルブランドのために申請しているようだ。

 ヘイリーは「リーバイス(LEVI’S)」の“501”の顔に指名されたほか、ビューティブランドでは「ベアミネラル(BAREMINERALS)」のキャンペーンに起用されているが、ビューティ業界での経験はない。

 一方、夫のジャスティンは自身のミドルネームを冠したファッションブランド「ドリュー ハウス(DREW HOUSE)」を1月に立ち上げており、3月に香港で開催された現代アートフェア「アート・バーゼル(ART BASEL)」でブランド初のポップアップストアをオープンした。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら