ビューティ

“元から小顔美人”に見せる「ルナソル」流トレンドツヤ肌の作り方

 昨年からトレンドが続くツヤ肌アイテムが今春も続々登場している。「ルナソル」は2月23日にベースメイクとスキンケアをリニューアルし、“水ツヤ肌”をテーマとしたアイテムをそろえた。発売に先駆けて行われた発表会では、カバー力の心配やツヤ肌の作り方に悩む人に必見の、“水ツヤ肌”作りの基本がレクチャーされた。商品はすべて同ブランド。

 潤ったツヤ肌はまず土台作りが肝心。化粧水「オイルインソリューション」(各5000円)は微細化したオイルがたっぷり含まれているため、コットンを使用して塗布する。頰からあご、Tゾーンと塗り広げたら、顔表面だけでなく首元との境目もしっかり塗り込むことが大事。最後は手で押し込むが、オイルが非常に細かいため、軽く押さえていくだけでしっかり浸透する。ジェル状の美容液「ポジティブインソリューション」(5000円)はコットンではなく直接手で広げる。

 ベースメイクはまず「ウォータリープライマー」(3500円)から。中指と薬指に広げたら、そのままスルリと肌にすべらせて乗せる。ファンデーション「グロウイングウォータリーオイルリクイド」(各5000円)は手の甲に出したらブラシを回しながら毛になじませ、ブラシを肌へ垂直につけてすべらせる。薄づきながらもカバー力はあるため1度塗りで十分だが、シミなどカバーが足りないと感じる箇所にはブラシで叩き塗り。叩くことで奥に染み込んだファンデーションが出てくる。

 顔の凹凸を作っていく。ハイライト「ラディアントスティック」(3000円)は指先でとってから、あご、鼻先など顔の凸部分にポンポンと置いていく。目の下にも塗ればクマを光で誤魔化せる。シェーディング「コントゥアリングスティック」(3000円)は肌に直接すべらせる。小顔のモデルにも大胆に塗り、しっかりと手でぼかす。正面から見たときに浮いて見えてしまうシェーディングはやりすぎ。自然に見せるためには正面から鏡を見ることがポイントだ。

 ツヤ肌の悩みの1つはマットなコンシーラーが浮いてしまうこと。「シームレスコンシーリングコンパクト」(4000円)はツヤ感のあるコンシーラーのため、ツヤ肌の中でもきれいに馴染んでいく。チップでコンシーラーを取り、置くように乗せていく。仕上げに乗せるフェイスパウダー「エアリールーセントパウダー」(全2色、各4500円)は叩きすぎるとツヤが消えてしまうため、テカリの出やすい箇所のみつける。パフは2つ折りにすると小鼻など面積の小さい箇所にも塗りやすい。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。