ファッション

バルコスが新会社を設立、社長に「センケントレンドニュース」の村重達也編集長

 バッグメーカーのバルコスは1月18日付で、新会社ファッションニュース通信社(東京・目黒区)を設立した。社長には、繊研新聞が発行していたトレンド情報「センケントレンドニュース(SENKEN TREND NEWS)」の編集長だった村重達也氏が就任した。資本金は1000万円で、バルコスの100%子会社になる。

 「センケントレンドニュース」は、ファッション専門紙の繊研新聞社が一般ユーザー向けにファッション情報を取り扱うメディアで、同名のウェブサイトと約76万人の配信先を抱えるLINEアカウントで週4回、旬なファッション情報の配信していた。現在はすでに「ファッショントレンドニュース」に名前を変え、引き続きファッション情報を発信している。「センケントレンドニュース」のLINE配信は1月15日で休止しているが、今後はファッションニュース通信社の運営で再開する計画。

 ファッションニュース通信社は、今後「ファッショントレンドニュース」に加え、新たなファッション情報媒体の立ち上げやファッションEC支援事業なども行っていく。村重社長は繊研新聞のメンズ担当の記者や繊研新聞の発行する「センケンアッシュ(SENKEN H)」編集長などを経て、「センケントレンドニュース」の編集長を務めていたが、繊研新聞社を1月15日付で退社していた。村重達也社長は「今後も引き続き、ファッションの楽しさやすばらしさを伝えたい」という。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら