ファッション

グラニフの新社長にオンワード元常務の村田昭彦氏が就任

 「デザインTシャツストア(Design Tshirts Store)」を展開するグラニフの新社長に、9月25日付でオンワードホールディングス元常務の村田昭彦氏が就任した。村田氏は、ECに最も成功しているファッション企業の一つであるベイクルーズのECを躍進に導いた立役者の一人。18年9月にオンワードホールディングス常務執行役員に就任したものの、わずか1年で退社していた。

 グラニフ(旧グラフィス)は2001年に設立。16年にはベンチャーキャピタルのジャフコが創業者から株を買い取り子会社化。今年1月には、三菱商事と三菱UFJフィナンシャルグループが設立した投資会社である丸の内キャピタルが買収していた。

 グラニフは現在、パルコやららぽーと、イオンモールなどの大型ショッピングセンターやファッションビルに124店舗を出店し、従業員数は600人。官報によると19年6月期は売上高が107億円、営業利益が8億8700万円、総資産133億円に対し、純資産は56億円だった。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら