ビジネス

ベイクルーズのEC好調続く 17年8月期で売上高280億円に

 ベイクルーズ グループのECが絶好調だ。2012年8月期に58億円だったEC売上高は、年率30〜40%で拡大し、2017年8月期も前年比3割増の280億円に達する見通し。同社は早くから会員や在庫情報を統合。その上でスマホシフトを鮮明にし、自社ECを起点にしたオムニチャネル施策を積極的に行ってきた。

 同業のセレクトショップではユナイテッドアローズの202億円を上回るとともに、ワールド(売上高2575億円、EC売上高169億円)、オンワードホールディングス(売上高2449億円、EC売上高150億円)、といった大手アパレルをも上回り、ファッション企業全体でもアダストリア(売上高2036億円、EC売上高291億円)に次ぐ、トップクラスに躍り出ている。

 今後も高い成長率を維持しながら、19年8月期にはEC売上高400億円を計画する。EC事業を率いる村田昭彦ベイクルーズ上席取締役ICT統括/EC統括は、「顧客接点を重視し、ショッピング体験をスマホ中心にリ・デザインする。11月にはアプリを再リリース予定で、“リアルタイムパーソナライゼーション”を推進する」という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら