ファッション

「渋谷キャスト」を公開 ベイクルーズ本社も入る創作活動ビル

 東急電鉄は26日、複合ビル「渋谷キャスト(SHIBUYA CAST.)」を関係者に公開した。渋谷駅から約400メートル、明治通りとキャットストリートが交わる場所に建てられた地上16階・地下2階のビルで、オフィスや店舗、住宅で構成される。“多様なクリエーターが交わる場”をコンセプトに掲げて、ITやデザイン、アパレルなどの事務所を誘致するともに、フリーランスの人たちの拠点になるシェアオフィスを設けた。2~12階の事務所フロアのうち10フロアにベイクルーズが本社を移転し、正面広場の前には同社の飲食併設の新業態セレクトショップ、パルプ417 エディフィス(PULP 417 EDIFICE)が入る。28日に開業する。

 施設の顔である1~2階がシェアオフィス。すでに全41区画が満室で、約200人のクリエーターが入居する。クリエーター同士の交流を大きなテーマにしており、マッチング、起業・法務支援などのサポート機能も用意している。

 13~16階は賃貸住宅で、抜群の立地と渋谷の街を見渡せる眺望が売りだ。1Rから3LDKまで80戸を用意し、家賃は16万~70万円に設定する。国内外からの短中期滞在者のための部屋も設けた。ここでも交流の場として、居住者は共有のキッチン、リビングダイニングを利用できる。

 グランドフロアは商業スペースに充てられており、ベイクルーズの「パルプ417 エディフィス」のほか、肉料理を目玉にするレストラン「ザ リゴレット(THE RIGOLETTO)」、スーパーの「東急ストア フードステーション」などが入る。グランドフロアの前のオープンスペースの広場では、各種のイベントも計画されている。

 東急電鉄の西澤信二・統括部長は「単なる複合ビルではなく、高感度な人たちが集う創作活動の場として、渋谷キャストからさまざまなものを生み出していきたい」と話す。東急電鉄を中心とした東急グループは、渋谷キャストや渋谷駅の駅ビルを含め、現在、渋谷で7つの大型再開発プロジェクトを進めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら