ビジネス

元ベイクルーズ役員の村田氏がオンワードHD常務に ファッションECの実力者

 9月1日付でオンワードホールディングス常務執行役員に、村田昭彦・元ベイクルーズ上席取締役が就任する。村田氏はセレクト大手のベイクルーズでEC事業を率いてEC売上高を5年で5倍に拡大させた実力者だったが、今年1月に退職しており、去就が注目されていた。オンワードHDではデジタルトランスフォーメーション担当になる。村田氏は明治大学卒業後に新卒でオンワード樫山に入社しており、久々の古巣復帰になる。

 村田氏は1990年に明治大学卒業後にオンワード樫山、ネットプライス、カフェグローブ・ドット・コムを経て、2007年にベイクルーズに入社。EC事業の担当役員として12年8月期に58億円だったEC事業の売上高を年率30〜40%で拡大させ、2017年8月期には前期比3割増の280億円にまで引き上げていた。早くからエンジニアリングを内製化し、会員や在庫情報を統合。自社ECを起点にしたオムニチャネル施策を積極的に行ってきた。

 一方のオンワードHDも経済産業省出身の保元道宣・社長の指揮の下、この数年でEC事業を急成長させている他、スーツのD2C(Direct to Consumer)ブランド「カシヤマ ザ・スマートテーラー(KASHIYAMA THE SMART TAILOR)」をスタートするなど、事業のデジタル化を猛スピードで拡大していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。