ファッション

「メゾン マルジェラ」が「リーボック」コラボ第2弾 “タビ”と“クラシック レザー”を融合

 「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」は1月30日、「リーボック(REEBOK)」とのコラボレーション第2弾のスニーカーを発売する。

 つま先が2つに分かれた「メゾン マルジェラ」のアイコンシューズの“タビ(TABI)”と、「リーボック」の定番ランニングシューズ“クラシック レザー(CLASSIC LEATHER)”を融合。ナッパレザーとEVAソールには「メゾン マルジェラ」で多用されるビアンケット加工を施し、黒いレザーの上に塗られた白いハンドペイントが履くたびに剥がれていく仕様になっている。これは「経年変化によってピースが進化する」というメゾンの概念を反映しているもの。

 カラーは白と黒のほか、異なるカラーパレットでの販売も予定している。価格は3万7000円。30日から「メゾン マルジェラ」と「リーボック」のオンラインサイトで取り扱う。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら