ファッション

「リーボック」の筆文字や盆栽の刺しゅうも 「ヨシオ クボ」コラボの和風“ポンプフューリー”と“クラブ シー”

 「リーボック(REEBOK)」は、メンズブランド「ヨシオ クボ(YOSHIO KUBO)」とコラボレーションしたスニーカーを10月9日に発売する。モデルは“インスタポンプフューリー YKGF(INSTAPUMP FURY YKGF、2万2000円)”と“クラブ シー 85 YKGF(CLUB C 85 YKGF、1万5400円)”の2型。サイズは22〜31cmをそろえる。

 両モデルには、久保嘉男「ヨシオ クボ」デザイナーが自身のブランドでも昨今こだわっている、日本の伝統文化の要素を融合している。右足のヒール部分に刺しゅうされたカタカタの“リーボック”の文字は久保デザイナーの父親が筆書きしたもの。墨汁ならではの深みのある黒をスニーカーで表現するため、アッパーやソールなどにも墨汁がはねたようなグラフィックをあしらっている。ほかにも左足のヒール部分に盆栽を刺しゅうしたり、久保家の家紋をポンプ部分にプリントしたりと、久保デザイナーのパーソナリティーを通じて無二の和のムードを盛り込んでいる。

 久保デザイナーは2モデルについて「“インスタポンプフューリー”は革新的なデザインのシューズ。墨汁のもつさまざまな黒の表情がその強さを引き立てるデザインを意識した。“クラブ シー”は墨汁の水たまりを踏んだかのようなドリッピングが特徴。シューズ本来の魅力を生かし、削ぎ落としたデザインに仕上げている」とコメントした。

 「リーボック」と「ヨシオ クボ」の公式オンラインショップをはじめ、リーボックストア 渋谷やリーボック クラシックストア、ミッドウエスト、ラブレスで販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら