ファッション

「リーボック」の筆文字や盆栽の刺しゅうも 「ヨシオ クボ」コラボの和風“ポンプフューリー”と“クラブ シー”

 「リーボック(REEBOK)」は、メンズブランド「ヨシオ クボ(YOSHIO KUBO)」とコラボレーションしたスニーカーを10月9日に発売する。モデルは“インスタポンプフューリー YKGF(INSTAPUMP FURY YKGF、2万2000円)”と“クラブ シー 85 YKGF(CLUB C 85 YKGF、1万5400円)”の2型。サイズは22〜31cmをそろえる。

 両モデルには、久保嘉男「ヨシオ クボ」デザイナーが自身のブランドでも昨今こだわっている、日本の伝統文化の要素を融合している。右足のヒール部分に刺しゅうされたカタカタの“リーボック”の文字は久保デザイナーの父親が筆書きしたもの。墨汁ならではの深みのある黒をスニーカーで表現するため、アッパーやソールなどにも墨汁がはねたようなグラフィックをあしらっている。ほかにも左足のヒール部分に盆栽を刺しゅうしたり、久保家の家紋をポンプ部分にプリントしたりと、久保デザイナーのパーソナリティーを通じて無二の和のムードを盛り込んでいる。

 久保デザイナーは2モデルについて「“インスタポンプフューリー”は革新的なデザインのシューズ。墨汁のもつさまざまな黒の表情がその強さを引き立てるデザインを意識した。“クラブ シー”は墨汁の水たまりを踏んだかのようなドリッピングが特徴。シューズ本来の魅力を生かし、削ぎ落としたデザインに仕上げている」とコメントした。

 「リーボック」と「ヨシオ クボ」の公式オンラインショップをはじめ、リーボックストア 渋谷やリーボック クラシックストア、ミッドウエスト、ラブレスで販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。