ファッション

「リーボック」の筆文字や盆栽の刺しゅうも 「ヨシオ クボ」コラボの和風“ポンプフューリー”と“クラブ シー”

 「リーボック(REEBOK)」は、メンズブランド「ヨシオ クボ(YOSHIO KUBO)」とコラボレーションしたスニーカーを10月9日に発売する。モデルは“インスタポンプフューリー YKGF(INSTAPUMP FURY YKGF、2万2000円)”と“クラブ シー 85 YKGF(CLUB C 85 YKGF、1万5400円)”の2型。サイズは22〜31cmをそろえる。

 両モデルには、久保嘉男「ヨシオ クボ」デザイナーが自身のブランドでも昨今こだわっている、日本の伝統文化の要素を融合している。右足のヒール部分に刺しゅうされたカタカタの“リーボック”の文字は久保デザイナーの父親が筆書きしたもの。墨汁ならではの深みのある黒をスニーカーで表現するため、アッパーやソールなどにも墨汁がはねたようなグラフィックをあしらっている。ほかにも左足のヒール部分に盆栽を刺しゅうしたり、久保家の家紋をポンプ部分にプリントしたりと、久保デザイナーのパーソナリティーを通じて無二の和のムードを盛り込んでいる。

 久保デザイナーは2モデルについて「“インスタポンプフューリー”は革新的なデザインのシューズ。墨汁のもつさまざまな黒の表情がその強さを引き立てるデザインを意識した。“クラブ シー”は墨汁の水たまりを踏んだかのようなドリッピングが特徴。シューズ本来の魅力を生かし、削ぎ落としたデザインに仕上げている」とコメントした。

 「リーボック」と「ヨシオ クボ」の公式オンラインショップをはじめ、リーボックストア 渋谷やリーボック クラシックストア、ミッドウエスト、ラブレスで販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら