ファッション

世界屈指のビンテージコレクターと協業したデニムウエアの無在庫販売ビジネスモデル

 Saleem Japan(東京都、島田浩司代表)は、パキスタン出身でタイ在住の世界的ビンテージコレクターであるサリーム・ガンチ(Saleem Ghanchi)とパートナーシップを結び、彼のコレクションを生かした体験型集客・無在庫販売ビジネスモデル「サリーム・プレゼンテーション」をスタートさせる。3月10、11日の2日間、東京・赤坂で初の展示会を開催している。

 「サリーム・プレゼンテーション」では、ガンチが所有するコレクションを参考にサイズサンプルを製作し、貴重なビンテージと共に展示する。オーダーを受けたら国内で生産し、約2カ月で納品する。第1弾として用意したのはジーンズ2型(各10万円)、デニムジャケット1型(15万円)だ。1型50枚から受注生産する。リプロダクションに使うのはデニム生地メーカー大手のカイハラの生地で、2022年にはカイハラと協業して、「サリーム・プレゼンテーション」オリジナルの生地を製作するという。

 サイズサンプルを見たガンチは、「予想以上にできが良い。ファッションアイテムとしては100点満点だ」と話し、「私のビンテージコレクションは、現在バンコクにミュージアムを建設中なほど豊富だ。これらを『サリーム・プレゼンテーション』でどんどん活用してほしい」と続けた。

 Saleem Japanは2020年7月に設立した合同会社。「サリーム・プレゼンテーション」の運用に加えて、ガンチのマネジメント業なども行う予定だという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら