ファッション

うめだ阪急の時計ばかりがなぜ売れる?

有料会員限定記事

 「WWDジャパン」は半期に一度、全国の百貨店に売れ筋に関するアンケート調査を実施して別冊「ビジネスリポート」にまとめて定期購読者向けの特典としたり、単品販売を行ったりしている。2020年8~12月期の時計カテゴリーにおいて他の百貨店では2ケタ減もある中、阪急うめだ本店の伸長率は突出していた。西田健太マーチャンダイザーに話を聞いた。(この記事はWWDジャパン2021年3月8日号からの抜粋です)

WWD:阪急うめだ本店は2020年8~12月期において特選が前年同期比4%減、ジュエリーが同10%減と数字を落とす中、時計は同40%増だった。勝因は?

西田健太 阪急阪神百貨店 第1店舗グループ ラグジュアリー商品統括部 ジュエリー&ウオッチ商品部マーチャンダイザー(以下、西田):なんといっても20年春の改装が大きい。7階にあった時計売り場を6階に移設し、売り場面積を約2.5倍の700㎡に拡大した。「オメガ」「ブレゲ」「ブランパン」「タグ・ホイヤー」「オフィチーネ パネライ」「IWC シャフハウゼン」をブランドによる直営店とし、「ロレックス」と兄弟ブランドである「チューダー」もリニューアルした。

WWD:直営店化のメリットは?

西田:ラインアップが増え、直営店限定モデルも販売できる点だ。時計において、限定モデルの確保は売り上げに直結する。

WWD:実際、直営店化によって数字も上昇した?

西田:想定を上回る伸長率で、売り上げが2~4倍になったブランドも多い。一方で、コロナショックを受けて半減してしまったブランドもある。二極化が進んでいる。

WWD:改装を経て、現在の直営店化率は?

この続きを読むには…
残り2020⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。