ファッション

Kokiが「ヴァレンティノ」の顔に 2021年春夏キャンペーンに抜擢

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」は、2021年春夏コレクションのキャンペーンビジュアルにモデルのKokiを起用した。

 今シーズンは“ヴァレンティノ ディーヴァ キャンペーン(VALENTINO DI.VAs Campaign)”と題し、ピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)=クリエイティブ・ディレクターのビジョンを体現する国際的な人物を各国から起用。“多様な声や視点を持った価値(Different Value)”=“DI.VA”と解釈し、異なるカルチャーを持つ“ディーヴァ”たちを通じて、多面的な個性やインクルーシビティーなどを表現した。

 なお、Kokiを起用したビジュアルのインスピレーション源は、寺山修司監督の映画「草迷宮」だ。同キャンペーンは、21年春夏コレクション発売を記念して「ヴァレンティノ」表参道で3月12日から開催するインスタレーションに合わせてローンチする。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら