ファッション

Kokiが「ヴァレンティノ」の顔に 2021年春夏キャンペーンに抜擢

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」は、2021年春夏コレクションのキャンペーンビジュアルにモデルのKokiを起用した。

 今シーズンは“ヴァレンティノ ディーヴァ キャンペーン(VALENTINO DI.VAs Campaign)”と題し、ピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)=クリエイティブ・ディレクターのビジョンを体現する国際的な人物を各国から起用。“多様な声や視点を持った価値(Different Value)”=“DI.VA”と解釈し、異なるカルチャーを持つ“ディーヴァ”たちを通じて、多面的な個性やインクルーシビティーなどを表現した。

 なお、Kokiを起用したビジュアルのインスピレーション源は、寺山修司監督の映画「草迷宮」だ。同キャンペーンは、21年春夏コレクション発売を記念して「ヴァレンティノ」表参道で3月12日から開催するインスタレーションに合わせてローンチする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら