ファッション

20年6〜8月期に見たユニクロ国内事業の凄み 【齊藤孝浩のファッション業界のミカタVol.19】

有料会員限定記事

 企業が期ごとに発表する決算書には、その企業を知る上で重要な数字やメッセージが記されている。企業分析を続けるプロは、どこに目を付け、そこから何を読み取るのか。この連載では「ユニクロ対ZARA」「アパレル・サバイバル」(共に日本経済新聞出版社)の著者でもある齊藤孝浩ディマンドワークス代表が、企業の決算書やリポートなどを読む際にどこに注目し、どう解釈するかを明かしていく。今回はファーストリテイリング2020年8月期決算のポイントを解説する。(この記事はWWDジャパン2020年11月9日号からの抜粋です)

 今回はファーストリテイリングの2020年8月期決算を読み解きたいと思います。まず率直な感想として、6〜8月(第4四半期)の国内ユニクロ事業の売り上げは、まさに柳井正会長兼社長の執念だと思いました。6〜8月の3カ月間の売上高が前年同期比21%増。まだコロナの影響から脱することができない企業が多いなか、信じられないような数字です。3〜5月(第3四半期)で新型コロナの影響をもろに受けて、危機感を持った柳井会長の神通力が効いたというべきでしょうか。

 国内ユニクロ事業を中心に業績から見ていきましょう。国内ユニクロ事業は9〜11月(第1四半期)、12〜2月(第2四半期)は減収増益でした。暖冬で売上高は前年同期を割りましたが、粗利率を2.2%改善させ経費を削減して、営業利益は増益になっていました。まず、値下げコントロールをしたと盛んにアピールしているので、実際にそこが寄与したのだと思います(詳細後述)。

 また、データブックを見ると分かりますが、従業員数が減っています。店頭のセルフレジ化などが進んでいますよね。社員やアルバイトの数でコストコントロールして販管費を下げ、営業利益を確保したようです。

この続きを読むには…
残り2449⽂字, 画像5枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら