ファッション

「グッチ」CEOが語る 生き残るための4つの変化

有料会員限定記事

 「変わらずに生き残るためには、自ら変わらなければならない」――ジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーサ(Giuseppe Tomasi di Lampedusa)著「山猫(The Leopard)」の一節だ。2021年で創業100周年を迎える「グッチ(GUCCI)」は、新型コロナウイルスによる危機を乗り越えどのように変化していくのか。マルコ・ビッザーリ(Marco Bizzari)=グッチ(GUCCI)社長兼最高経営責任者(CEO)がその展望を語った。

1. コレクション発表サイクル・方法の見直し

 20年5月、「グッチ」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクターは、コレクションの発表回数を絞り、シーズンやデジタル活用について、既成概念にとらわれない考えを示した。この考えにしたがい、同ブランドは11月17~22日にデジタルファッションショーと映画祭を融合した「グッチフェスト(GucciFest)」を開催。7つの短編映画を通して最新コレクションを発表する。

この続きを読むには…
残り3012⽂字, 画像6枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら