ファッション

「グッチ」最新コレクションは短編映画で発表 映画監督ガス・ヴァン・サントと共同制作

 「グッチ(GUCCI)」は、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクターによる最新コレクションを7つの短編映画を通して発表する。同映画とコレクションは“終わらなかったものの序曲(OVERTURE of Something that Never Ended)”と題し、映画監督のガス・ヴァン・サント(Gus Van Sant)と共同で制作した。

 全作品は16〜22日にかけて、「グッチ」が手掛けるデジタルファッションショーと映画祭を融合した「グッチフェスト(GucciFest)」で上映される。ユーチューブのファッションコンテンツ用チャンネルや「グッチ」公式チャンネル、ウェイボー(微博、WEIBO)、特設ウェブサイト「GucciFest.com」を通して毎日1エピソードずつ公開する。

 撮影はローマで行われ、俳優兼アーティストのシルヴィア・カルデローニ(Silvia Calderoni)が主役を務めた。ほかにもビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)やハリー・スタイルズ(Harry Styles)、スペイン出身の作家であるポール・B・プレシアード(Paul B. Preciado)、美術評論家のアシール・ボニート・オリバ(Achille Bonito Oliva)、アーティストのダリウス・コンサリー(Darius Khonsary)、歌手兼俳優のルハン(鹿晗、Lu Han)、俳優で劇作家のジェレミー・O・ハリス(Jeremy O. Harris)、振付師のサシャ・ヴァルツ(Sasha Waltz)らが出演する。

 「グッチフェスト」では同短編映画に加えて、ミケーレ=クリエイティブ・ディレクターが選ぶ15の若手デザイナーやブランドの作品を扱ったショートフィルムを上映する。また、選ばれたブランドおよびデザイナーは「グッチ」が展開するデジタルプラットフォームの全てで最新コレクションを発表する。

 5月にミケーレ=クリエイティブ・ディレクターは“ノーツ・フロム・ザ・サイレンス(Notes from the Silence)”と題した自身のダイアリーを公開し、これまでのファッションシーズンや発表方法における既成概念には一切捕われない考えを示した。9月末にミラノで発表する2021年春夏コレクションのショーへの参加は見送り、コレクション発表を年2回に減らす方針だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら