ニュース

「SHISEIDO」初の旗艦店が銀座に開業 VR活用の“バーチャルストア”も同時オープン

 資生堂は、グローバルブランド「SHISEIDO」の初の旗艦店「SHISEIDO GLOBAL FLAGSHIP STORE」を7月31日に銀座にオープンする。同店舗は「SHISEIDO」の路面店として世界最大規模の店舗面積となり、ブランドの全製品と店舗限定品を扱う。また、同時にVRで実際に店舗を訪れたかのような体験、そして製品を購入できるバーチャルストアも旗艦店のサイト内にオープンする。

 資生堂の創業の地・銀座にある旗艦店は、最新のテクノロジーとヒューマンタッチを融合させた、ブランドの世界観と“ジャパニーズビューティ”が体験できる施設。岡部義昭「SHISEIDO」チーフブランドオフィサーは、「旗艦店は、1.“モノよりコト”提案のブランド体感の場、2.銀座から世界に向けた情報発信基地の場、3.お客さまの要望やニーズを捉えた体験を同店舗で試し、その成功事例を世界中の店舗に展開するというイノベーションの象徴となる実験の場、以上3つの特徴がある。デジタルとヒューマンタッチのハイブリッドでおもてなしの心を伝えていく」とコメント。

 「SHISEIDO」のブランドコンセプト“ALIVE with Beauty”を体現した旗艦店は621平米の全3フロアからなり、1階は「美と遊ぶ」がテーマ。スキンケアやメイク製品をタッチパネルで比較検討できるデジタルテスターや、ブランドの代表アイテム「アルティミューン パワライジングコンセントレート N(以下、アルティミューン)」やファンデーションを非接触で試せるオートテスターを導入。「アルティミューン」美容液専用販売マシンも設置し、セルフで簡単に購入も可能だ。

 2階は「美をつくりだす」がテーマ。アプリを使用してスキンケアやメイク、インナービューティの個別無料レッスンを非接触型で受けることができる。気になるアイテムを使用するときはオリジナル動画を見ながらお客自身が実践し、BCがサポート。また、「アルティミューン」や対象の口紅などには無料の刻印サービス、ラッピングサービスを用意。

 地下1階は「美がめざめる」がテーマ。日本初導入のメディテーションカプセル「ソマドーム」を設置し、「アルティミューン」の香りをはじめ、音、光、温度など五感にアプローチした最先端のメディテーション体験で自身の美を引き出す。

 当初、旗艦店は4月にオープン予定だったが新型コロナウイルス拡大の影響を受け、7月に延期となった。「もともとデジタルでできることはデジタルで、人を介すことは人で行うとは決めていたが、“非接触”のサービスは約2年後を目処にと考えていた。コロナにより急遽、非接触のサービスを導入したり、リアルでもバーチャルでも同じ体験ができるようにとバーチャル店舗を同時にオープンさせたりした。また、コロナによって店頭のBCはお客さまに来店いただく“待ち”の姿勢だったが、旗艦店ではBCによるライブストリーミングを発信し、デジタルの場でお客に情報を与えるという“BCの働き方改革”を行う。旗艦店は成功事例を他店舗に広げていくという場でもあり、オリジナル動画を活用した非接触のカウンセリング体験などは他店舗にも応用していく」と述べた。

■SHISEIDO GLOBAL FLAGSHIP STORE

住所:東京都中央区銀座3-3-13 阪急阪神銀座ビル
営業時間:11:00~20:00 不定休