ビジネス

ZOZOの物流施設で新型コロナ感染者、14日に一時稼働停止

 ファッションECモール「ゾゾタウン」を運営するZOZOは14日、習志野の自社物流施設の従業員の1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。14日は一旦、同施設の全従業員に帰宅指示を出し、施設と送迎バスの除染作業を行った。物流施設は翌日の15日には再開した。感染者は発症しておらず、物流施設の他の従業員に濃厚接触者はいないという。臨時休業したため、一部のアイテムで発送に1日程度の遅延が出るという。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら