ビジネス

池袋パルコの「ユナイテッドアローズ」販売員が新型コロナ感染 6日は臨時休館

 パルコとユナイテッドアローズは5日、池袋パルコ3階で店頭に立つ「ユナイテッドアローズ」の男性販売スタッフが新型コロナウイルスに感染したと発表した。該当する販売スタッフは海外渡航歴はなく、マスクを着用していたという。4月1日の帰宅後に発熱を確認、4月2日に医療機関で診療を受け、検査を実施し、5日に感染が確認された。2日以降は店頭で勤務していない。濃厚接触の可能性のあるユナイテッドアローズの社員は自宅待機しているという。池袋パルコは東京都の外出自粛発表を受け、4・5日に臨時休業していたが、6日も臨時休業とし、館内の消毒にあたる。

 百貨店やファッションビルなどでは、不特定多数との接触の多い店頭スタッフの新型コロナウイルスへの感染が相次いでいる。3月27日には高島屋大阪店で、4月3日には恵比寿三越で、同じ5日には伊勢丹浦和店で感染者が判明していた。

新型コロナウイルスの最新記事はこちらから

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら