ビジネス

髙島屋大阪店食品売り場で新型コロナ感染者 同店は土曜日閉店

 髙島屋大阪店は、食料品従事者1人が新型コロナウイルスに感染していたことを明らかにした。同店は27日、閉店時間を18時に繰り上げ。28日は休業する。全館消毒する予定だ。

 感染者は同店地下の食料品フロアで販売・製造を担当していた。23日以降は勤務しておらず、24日に発熱、27日に感染が確認された。勤務中はマスクを着用し、アルコール消毒などの感染拡大予防策を講じていたという。直近の海外への渡航歴はない。

 同店は保健所と連携し、感染者の行動歴を調査し、濃厚接触者の特定作業を進める。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら