ニュース

追記:三越伊勢丹とそごう・西武は首都圏の週末時短営業を継続

【追記3月31日】そごう・西武は時短営業の無期限延長を発表。そごう横浜店と西武東戸塚S.Cは、平日・休日に関わらず営業時間を11~19時とする(食品・レストランフロア除く)。

 東京都の週末(3月28、29日)の外出自粛要請を受け、各百貨店は27日、首都圏店舗の休業・時短営業などの対応を決めた。26日に発表した高島屋、東急百貨店に続き、大丸松坂屋百貨店などが首都圏店舗を休業する。一方、三越伊勢丹とそごう・西武は週末も営業を継続する。「百貨店の社会インフラとしての機能を鑑みて」(そごう・西武広報)「直前では十分な休業告知ができないため」(三越伊勢丹広報)という。

 大丸松坂屋百貨店は29日のみ、大丸東京店と松坂屋上野店を閉じる(食品売り場除く)。阪急メンズ東京(有楽町)、松屋銀座本店・浅草店、京王百貨店新宿店(食品売り場除く)、小田急百貨店新宿店(同)は両日休業する。

 三越伊勢丹は両日、基幹店含む首都圏店舗(日本橋、新宿、銀座、立川、恵比寿、浦和)の営業時間を11時~18時として営業する。これらの店舗ではこれまで、平日の開店時間を平常時より1時間遅くしてきたが、この週末はさらに閉店時間も1時間早める。そごう・西武は自粛要請を受けての新たな対応は取らず、これまでと同様の時短営業を継続する。