ビジネス

宝島社からも新型コロナ感染者 調査の結果、社内の濃厚接触者はゼロ

 宝島社は3月27日、社員1名が新型コロナウイルスの感染していたことを発表した。感染した社員は30代の男性。22日の日曜日に発熱し、23日以降出社を控えていたが、25日にPCR検査を受け、26日に陽性と判明した。保健所と連携した調査の結果、感染社員は22日日曜の発熱後、出社していなかったこともあり、社内には濃厚接触者はいないと診断されたという。

 同社は今回の社員感染を受け、全社屋の消毒を実施。社員が所属していた部署及び隣接部署の在宅勤務措置を3月31日まで実施する。「今後とも関係者および社員の安全確保を最優先に考え、社内および社外への感染拡大を防ぐために引き続き必要な措置をとっていく」としている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら