フォーカス

ファッションカレンダーを大整理 今、業界が抱えてきた課題に向き合うとき

有料会員限定記事

 新型コロナウイルスを機に、ファッション業界の抱えてきた問題が浮き彫りになった。そして今、世界中でセール時期の見直しや納期の適正化などを図ろうとする動きが出てきている。「WWDジャパン」7月13日号では「ファッションカレンダーを大整理」をキーワードに、ブランドや百貨店、セレクトショップ、国内のファッション企業、商業施設のトップの意見を集めた。ここでは、「#rewiringfashion(リワイヤリングファッション)」が提唱する新しいファッションカレンダーをもとに、国内デザイナーズ9ブランドの本音に迫る。(この記事はWWDジャパン2020年7月13日号からの抜粋に加筆しています)
アンケート回答者:「アキラナカ(AKIRA NAKA)」「アンリアレイジ(ANREALAGE)」「オーラリー(AURALEE)」「ビューティフルピープル(BEAUTIFUL PEOPLE)」「チノ(CINOH)」「ハイク(HYKE)」「ミュベール(MUVEIL)」「タロウ ホリウチ(TARO HORIUCHI)」「TH」「ザ・リラクス(THE RERACS)」のデザイナー、ブランド事業部責任者、PR担当

悪循環を再考するムーブメント
#rewiringfashionとは?

 英ファッションメディア「ビジネス・オブ・ファッション(The Business of Fashion、BoF)」がファシリテーターとなり、世界中のデザイナーやブランドCEO、小売業の役員や経営陣らの話し合いから5月に生まれた提案。ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)らによる「ファッション業界への公開書簡(Open Letter to the Fashion Industry)」の内容をより深めたもので、「ファッションカレンダーの再編成」「ファッションショー発表時期の見直し」「セール期間の縮小」の3軸から新たなファッションカレンダーを発表し、署名活動を行う。世界中の独立系デザイナーズブランドや小売りが賛同し、6月末までに2000件以上の署名が集まっている。

この続きを読むには…
残り1730⽂字, 画像5枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら