ファッション

ブルックス ブラザーズが国内10店舗を閉店 米本国の破産法申請とは無関係

 ブルックス ブラザーズ ジャパンは7、8月で国内10店舗の営業を終了する。その理由について同社広報は、「新型コロナの影響下で店舗損益を精査していく中で、利益体質の改善と業務のスリム化を図るための戦略的な判断」と回答した。また今回の決定は、「米ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)の破産法適用申請とは関係がない。店舗の撤退・閉鎖は、事前に各百貨店やデベロッパーに申し入れをして協議の上で決まるもので、チャプター11を申請した7月9日以前から検討していたものだ」という。

 ブルックス ブラザーズ ジャパンは7月26日に沖縄アウトレット店、28日に博多阪急 ウィメンズ店(メンズは継続)、31日に東京大丸 ウィメンズ店(メンズは継続)、札幌丸井今井 ウィメンズ店(別フロアでウィメンズは継続)、新宿伊勢丹シューズコーナー(別フロアでシューズは継続)、8月2日に羽田空港第一ターミナル店、柏高島屋ステーションモール店、流山おおたかの森店、金沢アトリオ店を、30日に東京の青山店を閉店する。

 残りの国内72店舗は営業を続ける。また同社は9月4日に「ブルックス ブラザーズ 表参道」をオープンする予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら