ファッション

ジーンズ「ジースター ロゥ」が米国で破産法適用申請 本国オランダや日本は継続

 米国でジーンズブランド「ジースター ロゥ(G-STAR RAW)」の小売りを行うジースター ロゥ リテイル(G-STAR RAW RETAIL INC.)は7月3日に日本の民事再生法に相当する米国連邦破産法第11章(以下、チャプター11)の適用を米カリフォルニア州の裁判所に申請した。

 裁判所に提出した初期資料には申請理由が明記されていなかったが、新型コロナウイルスや人権問題によるデモの影響によって店舗が長期の閉鎖を余儀なくされたことで大打撃を受け、乗り切ることができる資産状況ではなかったものと推察される。同社の2019年度の売上高は6800万ドル(約72億円)、純利益は200万ドル(約2億1400万円)だった。債権者一覧によると、ニューヨークのフィフスアベニュー475番地にある店舗の大家が最高額の42万6007ドル(約4558万円)の債権を有している。

 日本では本国オランダ100%子会社のジースター ジャパンおよびジースター リテイルジャパンが「ジースター ロゥ」を展開している。オランダや日本でのビジネスは継続する予定だという。

 なお、ロサンゼルス発のジーンズブランド「ラッキー ブランド(LUCKY BRAND)」も米ジースター ロゥ リテイルと同日にチャプター11の適用をデラウェア州の裁判所に申請した。「ノーティカ(NAUTICA)」などを傘下に置くオーセンティック・ブランズ・グループ(AUTHENTIC BRANDS GROUP)に資産を売却する方向で調整しており、その中にはラッキー ブランド社が保有する知的財産も含まれるという。

YU HIRAKAWA:幼少期を米国で過ごし、大学卒業後に日本の大手法律事務所に7年半勤務。2017年から「WWDジャパン」の編集記者としてパリ・ファッション・ウイークや国内外のCEO・デザイナーへの取材を担当。同紙におけるファッションローの分野を開拓し、法分野の執筆も行う。19年6月からはフリーランスとしてファッション関連記事の執筆と法律事務所のPRマネージャーを兼務する。「WWDジャパン」で連載「ファッションロー相談所」を担当中

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら