ビジネス

ニーマン・マーカスが破綻 4000億円超の債務解消を計画

 米百貨店のニーマン マーカス グループ(NEIMAN MARCUS GROUP以下、NMG)が日本の民事再生法に当たる連邦破産法11条の適用を申請した。同社は債権者の過半数と合意のもと、6億7500万ドル(約715億円)のDIP融資枠を確保している。同社は社債の利息を払えないといった、資金の流動性の問題を抱えていた。

 同社は今回の手続きで40億ドル(約4240億円)の債務を解消する計画だ。

 NMGは2013年にアレス・マネジメント(ARES MANAGEMENT)とカナダ・ペンション・プラン・インベストメント・ボード(CANADA PENSION PLAN INVESTMENT BOARD)に買収されて以来、約45億ドル(約4770億円)の負債を背負い、年利約3億ドル(約318億円)を返済してきた。同社は、ニーマン・マーカス43店舗とそのアウトレットのラスト・コール22店、バーグドルフ・グッドマン(BERGDORF GOODMAN)2店舗、それぞれの公式ECサイトのほか、ファッションEC「マイテレサ(MYTHERESA)」などを運営している。

 4月15日が期限の利息が払えず、破綻は秒読みとされていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。