ビジネス

「ジースター ロゥ」のクリエイティブ・ディレクターが退任 来期はジェイデン・スミスとコラボ

 ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)も出資しているオランダ発デニムブランド「ジースター ロゥ(G-STAR RAW)」のアイター・スロープ(Aitor Throup)=エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター(ECD)が退任する。スロープのラストコレクションは、2017年6月にパリ・メンズ・ファッション・ウイークで発表した18年春夏コレクションだ。

 スロープは今後は自身のスタジオで新たな挑戦に集中するとし、「研究、デザイン、製作面において私と私のスタジオメンバーの多岐にわたるアプローチを実行する機会を与えてくれた『ジースター ロゥ』に感謝している。特に個人としては『ジースター ロゥ リサーチ.(G-STAR RAW RESEARCH.)』で私のデニム革新のビジョンを実現させてくれたことに感謝している。『ジースター ロゥ』での経験は非常に貴重で思い出深いものだった」と退任についてコメントした。

 スロープは13年から同ブランドのクリエイティブ・コンサルタントを務めてきたが、16年にECDに就任し、ウィメンズとメンズのメーンラインの他、カプセルコレクションの「ジースター ロゥ リサーチ.」を手掛けた。スロープは、ECDに就任する際、「ブランドの舵取りを引き継ぐというより、コラボレーションをするという感覚に近い」と語っていた。

 後任は未定だが、スポークスマンは「ジースター ロゥ」には「ブランドのクリエイティブ面を維持し成長させることができる、非常に才能のあるデザインチーム」がいるとコメントしている。

 なお、18年後半に発表予定の「ジースター ロゥ」18-19年秋冬コレクションは俳優のジェイデン・スミス(Jaden Smith)とコラボしたサステイナブルなデニムコレクションになるという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら