ビジネス

「ジースター ロゥ」のクリエイティブ・ディレクターが退任 来期はジェイデン・スミスとコラボ

 ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)も出資しているオランダ発デニムブランド「ジースター ロゥ(G-STAR RAW)」のアイター・スロープ(Aitor Throup)=エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター(ECD)が退任する。スロープのラストコレクションは、2017年6月にパリ・メンズ・ファッション・ウイークで発表した18年春夏コレクションだ。

 スロープは今後は自身のスタジオで新たな挑戦に集中するとし、「研究、デザイン、製作面において私と私のスタジオメンバーの多岐にわたるアプローチを実行する機会を与えてくれた『ジースター ロゥ』に感謝している。特に個人としては『ジースター ロゥ リサーチ.(G-STAR RAW RESEARCH.)』で私のデニム革新のビジョンを実現させてくれたことに感謝している。『ジースター ロゥ』での経験は非常に貴重で思い出深いものだった」と退任についてコメントした。

 スロープは13年から同ブランドのクリエイティブ・コンサルタントを務めてきたが、16年にECDに就任し、ウィメンズとメンズのメーンラインの他、カプセルコレクションの「ジースター ロゥ リサーチ.」を手掛けた。スロープは、ECDに就任する際、「ブランドの舵取りを引き継ぐというより、コラボレーションをするという感覚に近い」と語っていた。

 後任は未定だが、スポークスマンは「ジースター ロゥ」には「ブランドのクリエイティブ面を維持し成長させることができる、非常に才能のあるデザインチーム」がいるとコメントしている。

 なお、18年後半に発表予定の「ジースター ロゥ」18-19年秋冬コレクションは俳優のジェイデン・スミス(Jaden Smith)とコラボしたサステイナブルなデニムコレクションになるという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら