ファッション

「ジースター ロゥ」共同CEOの1人が退任

 オランダのプレミアムデニムブランド「ジースター ロゥ(G-STAR RAW)」は11月2日、パトリック・クラーィエフェルト(Patrick Kraaijeveld)共同最高経営責任者(共同CEO)が退任することを発表した。クラーィエフェルト共同CEOはロブ・シルダー(Rob Schilder)共同CEOと共に2016年11月に現職に就任した。今後はシルダー共同CEOが単独でCEO職を担うようだ。

 同ブランドのCEOを27年間務めたジョス・ファン・ティルブルグ(Jos van Tilburg)会長は、これまでCEO職を2名体制にしていたことについて「将来を見据えた社内改革に伴う一時的なもの」だったと説明。クラーィエフェルト共同CEOについては「25年以上も同社に貢献してくれた人物」と称えた。

 「ジースター ロゥ」は1989年創業。70カ国、6万カ所に販売拠点を持ち、ニューヨーク、ロンドン、パリ、東京、アムステルダムに旗艦店を持つ。16年には歌手のファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)が共同オーナーとなった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。