ファッション

奥山由之が写真展を開催、“ある村の日常”を表現した最新作70点を展示

 写真家で映像作家の奥山由之が11月18日〜12月24日、竹芝にあるGallery 916で写真展「As the Call, So the Echo」を開催する。写真家としての活動を始めて6年になる奥山が“写真の持つ気配”を再生させるきっかけになったという、ある村の日常を撮影。最新作約70点を4章構成で展示する。

 あわせて、会場に併設する展示室Gallery 916 smallで映像作品を上映する。期間中にはトークセッションとサイン会も予定しており、11月25日に写真家の上田義彦と、12月10日には写真評論家の飯沢耕太郎と奥山が対談を行う。写真集「As the Call, So the Echo」(出版:赤々舎、168P)の先行販売もする。

 タイトルについて奥山は、「いつだったか、たまたま開いた本で、気になるその字面に目が留まった。『呼びかけたから。こだまが返ってきたんだ』。直訳するとそんな意味合いだろうか。小さく声に出してみれば、語調や響きがまた良くて、悩んでいたタイトルはこの言葉にしようと思った」と説明する。

 奥山は1991年東京生まれ。2011年に写真集「Girl」で第34回写真新世紀優秀賞を受賞。16年には「BACON ICE CREAM」で第47回講談社出版文化賞写真賞を受賞した。過去の個展では、パルコミュージアムでの「BACON ICE CREAM」(16年)やPOSTでの「THE NEW STORY」(16年)、表参道ヒルズ スペース オーでの「君の住む街」などがある。

■As the Call, So the Echo
日程:11月18日〜12月24日
時間:平日 11:00〜20:00 / 土日・祝日 11:00〜18:30
定休日:月曜日(祝日を除く)
場所:Gallery 916
住所:東京都港区海岸1-14-24 鈴江第3ビル 6F
入場料:一般800円 / 大学生・シニア(60歳以上)500円 / 高校生300円 / 中学生以下無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら