ビジネス

資生堂の欧州事業のトップ退任か?

 資生堂のヨーロッパ事業を手掛ける資生堂グループEMEAのルイ・デサザール(Louis Desazars)社長兼最高経営責任者(CEO)が退任したようだ。業界関係者によって明らかになった。デサザール社長兼CEOは10月末(現地時間)、同僚に資生堂を去る旨をメール送信している。資生堂からはコメントは取れていない。当面は、資生堂グループで欧州と中東、アフリカのチーフ・ビジネス・オフィサーを務めるエリック・ヘンリー(Eric Henry)が職務を代行するようだ。

 デサザール社長兼CEOは、資生堂のヨーロッパと中東、アフリカにおけるスキンケアやメイクアップ、フレグランスのビジネスを統括してきた。その前は資生堂傘下の「ナーズ(NARS)」で社長兼CEOを務めた。

 資生堂EMEAは、同社が「ビジョン 2020」と呼ぶ2020年までの中長期戦略に基づき誕生。地域独自の組織を構築することで、意思決定から実行に至るまでのプロセスを迅速にすることが目的だが、資生堂グループEMEAに関しては「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」や「アズディン・アライア(AZZEDINE ALAIA)」「エリー・サーブ(ELIE SAAB)」「ナルシソ・ロドリゲス(NARCISO RODRIGUEZ)」「ザディグ エ ヴォルテール(ZADIG & VOLTAIRE)」など香水事業を手がけてきたボーテ プレステージ インターナショナルの事業を取り込んだ。欧州においては、「ローラ メルシエ(LAURA MERCIER)」や「ナーズ」「ベアミネラル(BARE MINERALS)」など、同地域での販路が限定的なブランドを育成することで拡大を図ってきた。最近では、ミレニアル世代に向けた新ブランド「ワソウ(WASO)」をヨーロッパでも大々的にプロモーションしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら