ニュース

ベイクルーズの「ボナム」好調 下北沢に3店舗目をオープン

 ベイクルーズのデニムを主力とするリメイクブランド「ボナム(BONUM)」が好調だ。2017年8月期決算で予算比46%増を達成し、渋谷、表参道に続く3店舗目を11月3日下北沢にオープンする。初年度の売り上げ目標は6000万円。

 若年層の多いエリアに合わせて6800~8800円が中心の安価なラインを下北沢店限定で販売する。「ボナム」の平均単価は2万~3万円のため、1/2~1/3程度の価格設定となる。「渋谷店、表参道店で『ボナム』のことを知ってくれたお客さまにも楽しんでもらえる店にしている。一点モノを買う楽しみを提供したい」と「ボナム」のディレクターでもあるベイクルーズの森秀人・取締役。

 下北沢店は“コインランドリー”をコンセプトにしており、入り口には3台の洗濯機がある。「インスタ映えする空間であると同時に、洗い加工をここで行っており一石二鳥。下北沢という土地柄を考えたとき、米国のコインランドリーのようにゆったりとした時間が流れ、新たなコミュニケーションの場になるようなショップにしたいと思った」と森ディレクター。もともとは、こだわり派の男性客が多かったが、「最近は6~7割が女性客。女性誌へのリースも増えている。素材はビンテージだがマニアックにならないよう、あくまでファッションとしてのリメイクアイテムを提案している」という。

 内装は既存2店舗同様、ブルーとホワイトを基調にしたものだが、藍染めした板をフローリングに使用しているのは下北沢店ならでは。丈詰めをはじめとするお直しをはじめ、カスタムオーダーも可能で、店内ではリメイクアイテムを製作するライブソーイングも見られる。3~5日はアーティストの苦虫ツヨシが、購入したアイテムにシルクスクリーンプリントを施すサービスも実施する。

■「ボナム」下北沢店
時間:11:00~20:00
住所:東京都世田谷区北沢2-30-3
定休日:不定休