ニュース

白石麻衣が「マキアージュ」新ミューズに CMでは卒業にも言及?

 資生堂は11月2日、トータルメイクアップブランド「マキアージュ(MAQUILLAGE)」の新ミューズに乃木坂46の白石麻衣を起用すると発表した。同ブランドのミューズはモデルの長谷川潤、水原希子に加えて白石が3人目。新しいTVCM「私がレディになる瞬間」編は11月3日からオンエアを開始する。

 「マキアージュ」は“レディにしあがれ。”をテーマに、上質で新しい大人の美しさを呼び覚まそうというコンセプトで2005年に誕生。自然体で自分らしく生きるレディとして長谷川、トレンドを取り入れ毎日を楽しんでいるレディとして水原を起用。そして今回、11月21日に発売する新商品「ドラマティックルージュ P」と共に新たなコミュニケーションを図る一環として、大人の自分を演出しレディの仲間入りをする女性として白石を起用した。新ミューズに選ばれた白石は、「きれいなだけでなく、しぐさなども含めて魅力ある人が“レディ”だと思う。25歳になり、気持ちにも余裕が出てきたので少し大人レディに近づけているかな」とコメント。CMでは、白石本人のナレーションで“卒業宣言”を行うが、「卒業宣言は、自分自身が輝くために昨日までの私から卒業するということ。CMでは、『あなたにもっと近づきたい』とのフレーズがあるが、“あなた”は、憧れの女性像のことでもある。短いセリフの中にも深い意味が込められているので注目してほしい」とアピールした。

 CMは、3日にオンエアを開始する「私がレディになる瞬間」編に加え、「ドラマティックルージュ P」発売同日に「真珠ヴェールの唇」編もオンエアを開始する。