ニュース

ファレル・ウィリアムスが「ジースター ロゥ」の共同オーナーに

 歌手のファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)が2月9日、デニムブランド「ジースター ロゥ(G-STAR RAW)」の共同オーナーになった。ファレルは同日、自身のツイッターで「自分のビジネスの他、今日をもって『ジースター ロゥ』の共同オーナーになったことを誇りに思う」とツイートした。ジースター ロゥは、ファレルはこれから「コレクション製作からプロモーション、ビジネス戦略まで、幅広くブランドに携わる」とコメントした。

 同社はファレルが所有するサステイナブルファブリック企業、バイオニック・ヤーン(BIONIC YARN)とタッグを組み、リサイクルしたプラスチック素材を用いたデニムコレクション「ロゥ・フォー・ザ・オーシャンズ(RAW FOR THE OCEANS)」を2014年に立ち上げた。以来、3コレクションを発表してきた。

 ファレルは「ジースター ロゥは独立していて、前進的な考えを持つ企業だ。私は同社のミッションに参加し、共に未来を築き上げることを楽しみにしている」とコメントした。なお、ファレルは先月、投資パートナーと共に、「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BILLIONAIRE BOYS CLUB)」と「アイスクリーム(ICE CREAM)」を運営するBBCアイスクリーム(BBC ICE CREAM)の株式 50%をアイコニックス ブランド グループ(ICONIX BRAND GROUP)から買い戻した。両ブランドはファレルが「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE)」の創業者、NIGO(R)と共同で立ち上げたストリートウエアブランドだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら