ファッション

「H&M」と安室奈美恵コラボのすべてのキャンペーンビジュアルが公開

 「H&M」は安室奈美恵とのキャンペーン「ナミエ アムロ × H&M(Namie Amuro x H&M)」の発売に先駆け、本人がコレクションを着用した全ビジュアルを公開した。このキャンペーンは10日に新聞広告でH&Mジャパンのルーカス・セイファート(Lucas Seifert)社長が安室に送った手紙が公開され、話題になったもの。

 25日に発売する同キャンペーンの商品は、花柄のガウン(7499円)やワンピース(3990円)、ストライプのジャケット(7499円)、ピアス(1299円)など。商品の購入者には数量限定で「ナミエ アムロ × H&M」のオリジナルショッピングバッグを先着でプレゼントする。

 またキャンペーンに先駆け18日から、原宿店をはじめとした10店舗(銀座店、二子玉ライズ店、ランドマークプラザ横浜店、テラスモール湘南店、ダイバーシティ東京プラザ店、名古屋松坂屋店、心斎橋店、戒橋店、梅田店)のウインドーで「ナミエ アムロ × H&M」アイテム着用ビジュアルとポートレートをディスプレーする。20日からは渋谷店と新宿店で展開。なお渋谷店のウインドーは特別に全ビジュアルと商品を共に展示する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら