ファッション

「ジースター ロゥ」が廃棄植物由来の染料で染色したコレクションを発表

 オランダ・アムステルダム発のデニムブランド「ジースター ロゥ(G-STAR RAW)」はスイスに本社を構える染料メーカーのアークロマ(ARCHROMA)社とコラボレーションし、廃棄植物を再利用して作られたサステイナブルな染料を使用した“DYED BY NATURAL COLLECTION”を7月から順次発売する。

 廃棄されたノコギリヤシの葉やビーツといった植物を再利用してアークロマ社が作った染料“アースカラーズ”で染色したデニムジャケット(2万〜2万6000円)、シャツ(1万3000〜1万6000円)、スエット(1万1000円)、Tシャツ(7000円)、ジーンズ(2万2000〜2万5000円)などを展開する。

 「ジースター ロゥ」は過去にジェイデン・スミス(Jaden Smith)と共にサステイナブルデニムのカプセルコレクションを製作するなど、オーガニックコットンの使用や有害化学物質の削減など環境に配慮したモノ作りに積極的に取り組んでいる。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら