ファッション

「ブルガリ ホテル」がブランドの本拠地ローマに2022年オープン 

 ブルガリ ホテルズ&リゾーツ(BVLGARI HOTELS&RESORTS以下、ブルガリ)は2022年、「ブルガリ(BVLGARI)」の本拠地であるイタリア・ローマに「ブルガリ ホテル ローマ(BVLGARI HOTEL ROME)」を開業する。同ホテルは不動産会社のエディッツィオーネ・プロパティーズが所有する1930年代に建てられたイタリア合理主義建築の建物を、ほかの「ブルガリ ホテル」同様、イタリア建築事務所のアントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィール(ANTONIO CITTERIO, PATRICIA VIEL)が復元してインテリアデザインを手掛ける。同ホテルは、ローマのランドマークであるアラ・パキス祭壇と初代ローマ皇帝アウグストゥスの霊廟の向かいに位置し、スペイン広場の階段や「ブルガリ」のローマ本店があるコンドッティ通りにも程近いロケーションだ。100室以上の客室はほとんどがスイートで、ミシュランの星付きレストラン「イル・リストランテ(IL RISTRANTE)」と「ザ・ブルガリ・バー(THE BVLGARI BAR)」をローマを一望できる最上階に設ける。室内プール付きのスパや「ブルガリ」ならではトレーニング方法が受けられるジムなど最先端の設備が整った施設のほか、ジュエリーの歴史をたどれる書物をそろえた読書室がある。

 ジャン・クリストフ・ババン(Jean Christoph Baban)=ブルガリ・グループ最高経営責任者は、「『ブルガリ』創業の地であるローマの中心地にわれわれ自身の“神殿”ともいえるホテルを開業できることをうれしく思う。ローマで最高のおもてなしを体験してほしい」とコメントしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら