ファッション

フェイスブックが無料でオンラインショップを作れる「フェイスブックショップ」の提供開始 今後はライブコマースにも対応予定

 フェイスブック(FACEBOOK)社は、カスタマイズ可能なオンラインショップを無料で作成することができる「フェイスブックショップ」の提供を日本でも開始した。これはフェイスブックが提供するさまざまなアプリで公開できる機能で、自社のおすすめの商品を選んでコレクションを作成したり、画面の色を変更してショップの雰囲気をブランドイメージに合わせて表現したりできる。

 一般ユーザーは企業のフェイスブックページやインスタグラム(INSTAGRAM)のビジネスプロフィール、ストーリーズや広告から「フェイスブックショップ」にアクセスが可能。コレクションを見て興味のある商品を保存したり、注文したりすることができる。日本では、注文すると企業が保有するアプリ外のウェブサイトに遷移し、商品を購入することができる。実店舗にいるときに店員に声をかけるのと同様に、「フェイスブックショップ」でも質問をしたりサポートを受けたり、配達を追跡したりするために「ワッツアップ(WhatsApp)」や「メッセンジャー(Messenger)」、インスタグラムのDMを活用してメッセージの交換も可能だ。将来的には、「ワッツアップ」や「メッセンジャー」、インスタグラムのDM内でビジネスのショップを見て、購入できるようになるという。

 すでに「フェイスブックページショップ」やインスタグラムのショッピング機能を利用している企業は自動的にショップに移行し、メールやアプリ内の通知を受け取り次第、コマースマネージャを通じてショップの外観をカスタマイズしたり、商品を整理してコレクションを作成したりできるようになる。また、オンライン販売をサポートするために、BASEやEC Cube、Shopify、STORES.jpなどのパートナー企業とより密接に連携していく。

 またフェイスブック社はライブショッピング機能の導入に取り組む。まもなく、企業やブランド、クリエイターは、ライブ配信前に「フェイスブックショップ」上のカタログから商品をタグ付けすることができるようになり、タグ付けされた商品はライブ動画の画面下部に表示され、タップして簡単に詳細を確認したり、購入することができるようになる。現在、一部のフェイスブックやインスタグラムでテストをしており、今後数カ月以内に広く展開していく予定だ。

 この夏、アメリカでは「フェイスブックショップ」だけでなく、新しくインスタグラムの発見タブに「インスタグラムショップ」という機能を導入する。それにより新しい方法でお気に入りの商品を見つけ、購入することができるようになるという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら